指導団体とライセンス

指導団体とライセンス 海の中に潜るダイビングの醍醐味は、日常生活では見ることのできない美しい別世界を体験させてくれることでしょう。
素潜りでも楽しいのですが息が続きませんので、海の世界を堪能するにはやはり酸素ボンベが必要です。
しかし、酸素ボンベを背負っての本格的なダイビングとなると、ライセンスが必要となってきます。
様々な指導団体が存在しており、ダイバーの育成や指導、安全管理などを行っていますが、それに合わせてダイビングのライセンスカードやCカードも発行しています。
通常全国にあるダイビングショップはどこかの団体に属しており、そこからライセンスが発行されています。
そのためダイビングショップ選びでは、どこに属しているのかを確認することも大切です。
有名なのはアメリカの「NAUI」や「PADI」、「SDI」などですが、この他にも多数ありますのでそれぞれの特徴を把握する必要があります。
詳しいことは、ダイビングショップで尋ねてみるのもおすすめです。

ダイビングショップは1人でも申し込みが可能です

ダイビングショップは1人でも申し込みが可能です ダイビングショップでは、ダイビングに必要なスイムスーツや機材などを取り扱っているだけでなく、初心者にもスキルが身に着けられるような講習を開催しています。
1人でも申し込みが可能になっていますから、気軽に利用することができるようになってます。
ダイビングショップでは、その人に合ったスイムスーツの選び方も教えてくれますから、1人でも相談しやすい環境が整っています。
ダイビングが大好きなスタッフばかりが揃っているので、知識が全くなくても基礎から教えてもらうことができます。
講習会もダイビングショップが主体となって計画をしている場合は、定期的に行われていることが多いので、その中からレベルに合わせたものが選べます。
初心者向けから、中級コース以上、さらには高度ライセンスを取得するための上級者向けのものも存在しています。
一人で参加をしても、同じような参加者と知り合いになることができるので、すぐに友達を作ることができ楽しい時間を過ごせます。